スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2012 鯛ラバ釣行 Round-32  (11/28 野母崎沖:光隆丸)

2012-11-28
鯛ラバ釣行 Round-32


11/28(水)・・・  潮汐:大潮  天候:曇り


この日は久し振りに野母崎沖での鯛ラバ釣行。
お世話になったのはもちろん光隆丸さん。
こちら方面に出向くのは7月以来で5カ月振りと本当に久し振りである。

早朝6:30

港を出てポイントに着いてみると予想以上に風が強い。
波はさほど高くは無いのだが風にあおられたバカ波が時々船を大きく揺らす。

とりあえず釣りをするのが困難になる程では無く夜明けと共に釣り開始だ。
IMGP4134.jpg
(朝陽を拝むのはいつでも気持ちが良いものだ)


狙うポイントは水深60M前後。

船長の調査によるとサイズが小さいもののアタリは多いエリアらしい。

但しそれは先週時点での話・・・
今日に限ってはアタリが極端に少ない。

アタリが少なく苦しい状況ながらも、同船者にはポツポツと真鯛が反応する。
船長が言う様にサイズは小さく、手の平から30cmと言ったところだ。

そんな様子を横目で見ながらボト付近を探っていると、私のロッドにも真鯛らしき反応。
フッキング後の動きから真鯛らしい事は解るのだが、サイズは同様に小さい様だ。
なんなく浮いて来たのは30cm程の真鯛だった。
IMGP4138.jpg
(サイズはさておき綺麗な真鯛)


その後しばらく沈黙が続いたのだが、手だけは休めずにリフト&フォールで探り続ける。

そんな中、ボトム付近で鯛ラバをひったくるアタリ!
フッキング後は何度となくリールからラインが滑り出されて行く。

今日の状況では貴重なサイズの一枚。
そう確信しながら時間を掛けてゆっくりと浮かせて来る。
ロッドに伝わる生命反応はかなりの大物を予感させたのだが上がってみれば60サイズ
IMGP4140.jpg
(マズマズ満足のいく一枚)


その後も同船者の方々にはポツポツとアタリがあるものの上がって来る真鯛はいずれも小粒揃い。
私の方には小粒の真鯛すら相手をしてくれず、そのままストップフィッシングの時間となった。

007の映画にも起用され、にわかに脚光を浴びそうな軍艦島(端島)を見ながら帰港となった。
IMGP4141.jpg
(007効果で世界規模の観光地になるのか・・・?)



この日の私の釣果は真鯛が2枚
今年も残すところ1か月・・・
後数回は釣行予定を組んでるのだが季節的に全て出港は難しいだろう。

出港が叶う日にはいつも以上の集中力で1年の締めくくりにふさわしい奴を獲りたいものだ!



************************************************************************
2012 鯛ラバ釣果状況 (11/28現在)
釣行回数:32回
真鯛枚数:72+2=74枚
平均釣果:2.3枚
サイズ :83cm
************************************************************************



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。