スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2012 鯛ラバ釣行 Round-27&28  (9/21,21 大瀬戸沖:ボート)

2012-09-21
鯛ラバ釣行 Round-27&28


9/20,21・・・  潮汐:中潮  天候:晴れ



すっかりと秋らしさを感じる日々・・・
何かと忙しく釣りに行けていなかったので今週は連日釣行に乗り出した!

向かったのは大瀬戸沖
友人が操るボートに乗り込んでひたすら鯛ラバに没頭してみた。


先ずは初日・・・

台風16号の影響が残っているせいか沖に出るとウネリが残っている。
釣りをするには問題無いレベルなので本命ポイントの曽根を果敢に攻めてみた。

釣りを開始してみると、予想に反して魚達からのコンタクトが一切無い・・・
魚探モニターを覗いてみても本命の反応はおろか、餌となるベイトフィッシュの反応も無い。

そんな厳しい状況ではあるが船長と共に丹念にポイントを探ると、突如として訪れるのがオオモンハタ
不思議な事に全く反応が無い状況の中、いざとなると二人同時にHitする。
それも一度や二度では無く、この日のパターンと言えるほど二人同時のHitが多い。

結局、初日の結果はオオモンハタとネリゴ(カンパチの幼魚)がソコソコ釣れた程度で
真鯛との出逢いは果たせないままの終了となった。
oomon.jpg
(オオモンハタは良いサイズが揃います)


そして2日目・・・

IMGP3777.jpg
(山陵の朝陽が美しい朝です)

前日の苦戦を考慮して南のエリアに行く事も考えたのだが、結局は北のポイントを目指す事にした。
一日で状況がガラリと変るのは良くある事で、今回もそんな変化に期待した訳だ。

ポイントに入って一流し目・・・

前日とは打って変わって幸先良く魚達が鯛ラバに反応してくれる。
私にはオオモンハタ、そして船長には40クラスの真鯛だ。
IMGP3791.jpg
(オオモンハタは元気です)


この反応で今日はイケル!  と思ったのが後が続かない。

全体的にアタリが少なく、時折反応してくれるのはオオモンハタ。
そして極稀に反応してくれる真鯛も居るのだが、この日の真鯛はどれも小さくリリースサイズ
IMGP3785.jpg
(真鯛には違いないのだが・・・)


結局は前日の渋い状況とさほど変わらず、2日目も終了時刻を迎えた。

私の釣果はオオモンハタが数匹とリリースサイズの真鯛が2匹・・・
IMGP3794.jpg



9月に入り釣りをするには最高の季節

釣果は満足したとは言い切れないのだが、ただ沖に浮いているだけで幸せを感じる2日間。
もうしばらくはこんな気持ち良い空の下で最高の時間を過ごす事が出来そうだ。

次回釣行は10月になってからの玄海灘
デカ真鯛をイメージしながら釣行準備を進めます。


************************************************************************
2012 鯛ラバ釣果状況 (9/21現在)
釣行回数:28回
真鯛枚数:63+2=65枚
平均釣果:2.3枚
サイズ :83cm
※まだまだ目標を諦めるには早過ぎますよね!
************************************************************************



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。