スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2012 鯛ラバ釣行 Round-4  (2/11 アジ曽根:恵丸)

2012-02-12
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。


鯛ラバ釣行 Round-4


2/11・・・(土) 潮汐:中潮  天候:晴れ


今回の釣行は初乗船となる恵丸での鯛ラバ釣行!
向かうフィールドは海に恵まれた長崎において、屈指のオフショアポイントと言われるアジ曽根
(昨年は村田基さんがセイルフィッシュのキャスティングゲームで楽しんでいる)

この釣行は九州タイラバの会で恵丸をチャーターしているので、乗船メンバーはいずれも鯛ラバに精通している。
メンバーの方々がどんな釣りをするのかを見せてもらうのも、この釣行の楽しみの一つである。


早朝5:30・・・
坂下釣り具前の小瀬戸港を出港して目指すフィールドへは約2時間。

出港した時は真っ暗だったのだが、ポイントに到着し準備を始める頃には朝陽が昇り始める。
IMGP3238.jpg
(この瞬間はいつもワクワクさせられます)

この日の波予想は1M前後で凪になると思っていたのだが、
予想に反して白波が立ち時折大きなバカ波もやって来る。


状況的には決して釣り易いとは言えなが、アジ曽根まで来て弱気な事は言ってられない。

最初のポイントは水深70M前後・・・
初めてのフィードと真鯛で有名なアジ曽根だけにに期待は高まる。
先ずは無難にオレンジ系のビンビン玉で反応を伺う。

ところが・・・

期待とは裏腹に魚達の反応は全くない。
着底直後の根掛りや掛け上がりに沿ってカブラがぶつかる感触だけがラインを通して伝わって来るだけ。

この状況は私だけではなく、クラブメンバー全員が同じ状況であり
なんでも良いから生命感を感じ取りたいと願っていた。

無情にも何も起こらないまま時間は過ぎて行き、周囲はすっかり明るくなる。
早朝から吹いていた冷たい北風も治まる気配はなく、
吹きつける空気がとても冷たく、燃えていた闘士まで冷ましてくれる。
IMGP3243.jpg
(強い北風と波に悩まされ・・・)


そんな非情の時間が過ぎ、すっかりと陽が高くなる頃になってからポツポツと根魚が姿を現し始める。
本命の真鯛ではないのだが、この日の状況では貴重な魚の登場に船上の活性も僅かに上がる。
IMGP3241.jpg
(始まりは根魚から・・・)


その後も魚の反応が感じられないまま時間は過ぎ・・・
数時間の間に姿を見せた魚はアラカブ、アカヤガラ、ネリゴとった具合。

夕方が近付き、そろそろ帰港を考え始めた頃なり僅かに真鯛っぽいアタリが感じられた。
残念ながらフッキングには至らないのだが、チャンスは残っているのかも知れない。

そして沈黙を破るかの様に船尾に陣取っていたタイラバマン(福岡支部長)真鯛がHit
サイズはさて置きこの一枚の登場で船上は湧き上がる。
IMGP3244.jpg
(終了間際での本命登場!)

この一枚の登場でまだまだチャンスは有ると信じ、全員が果敢に攻める!

するとましても真鯛Hit!
次に掛けたのも船尾のタイラバマン! 
今度の奴はサイズも良さそうで慎重なやり取りとなる。
そして無事に船長が構えるネットに収まったのは見事なナナマル真鯛
IMGP3245.jpg
(見事ナナマル!72cmでした)

ナナマルの登場で船上は更に湧き上がり、次は自分だ!そんな想いで果敢に攻める。

すると遂に私にHit
サイズは小さいらしくドラグが滑る程のファイトにはならないのだが、
時々頭を振る様な突っ込みはまさに真鯛の生命感。
この一枚は絶対に外せない! 必要以上に慎重なやり取りで無事にランディング!
IMGP3247.jpg
(サイズはモノ足りないが初フィールドでの初真鯛)

この真鯛は着底から10Mまでは標準的なスローリトリーブ。(1M/1秒)
そして10M程上げたところからは回収のための早巻き。
その早巻きに切り替えた途端に前触れもなく一気に咥え込んでくれた。

後に話を聞くと2枚の真鯛を手中に収めたタイラバマンも似た様な状況で、
有る程度リトリーブしたところからの早巻きでの反応が良かったとの事。

鯛ラバは定速でのリトリーブが基本では有るのだが、
状況によっては必ずしもそうとは言い切れないと言う事が見えて来た事になる。
やはり鯛ラバは単純な釣りではあるが極めて行くと奥が深く面白い釣りである。

ヒットした鯛ラバのカラーはクロキンのヘッドにワサビマスタードのネクタイ。
少し地味目のグリーンなのだが、これもタイラバマンのヒットカラーがグリーンと言う事を参考に選択した訳だ。
IMGP2628.jpg
(ビンビン玉の70g、このカラーはかなり活躍します)


結局、この日の真鯛は船中で3枚のみ。
シーズン的に鯛ラバにとって最も過酷な時期だけに仕方ない結果なのかもしれない。


次回釣行は飛燕さくら丸での玄海灘!
引き続き厳しいシーズンではあるのだが、色々なパターンを自分なりに試してみるつもりだ。


************************************************************************
2012 鯛ラバ釣果状況 (2/11現在)
釣行回数:4回
真鯛枚数:8枚
平均釣果:2.0枚
サイズ :50cm
************************************************************************



 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
 にほんブログ村 釣りブログ 鯛ラバ・インチクへ



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。