スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ショアのエギング  (10/13)

2011-10-14
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。


10/13・・・(木)


久し振りにショアからのエギング釣行

自宅からそれほど遠くないエリアに車を走らせる。
天候は風も穏やかでエギングするのには丁度良いコンディション。

目的の漁港に着くとエギングをしているアングラーが1名。
遠目に見る限りでは早朝から頑張ってるのに釣れてないという雰囲気が漂っている。

私も準備を整えて堤防の付け根付近からキャストを開始。
沖目にキャストしてシャクリを入れるとあっさりとアオリがエギを抱いてきた。
アタリとしてはダート後のテンションフォール中にラインが緩むパターン。

春のボートエギング以来のアオリの引き味を感じられたのだが、
上がって来たアオリは400g程度の小型サイズ。
IMGP2575.jpg
(久し振りのアオリイカです)


サイズ的には満足行かないのだが、季節的には秋は小型の数釣りが定石。
一投目からの好反応にその後の数釣りを期待しながらキャストを繰返したのだが、
そこから先はアオリの反応は全くの感じられない状態が続く。
先行者アングラーにも当たりが出ている様子は無く堤防に座り込んでしまっている。

本来のこの時期ならばエギを追いかけて多くのアオリが足元まで着いて来るハズなのだが
この日に限ってはアオリの姿を確認する事が出来ない。

ポイントを変えたりもしてみたのだが、この状態を打ち破る事は無いまま、
この日のショアエギングはお昼を前に終了する事にした。


季節的に春の様な親イカサイズは望めないと解っていたのだが、
唯一の楽しみになるハズの数釣りやサイトフィッシングにも遭遇する事は出来いのでは爽快感は得られない。

やはりオフショアでマダイの引きを感じる方が、今の私にとっては何よりも至福の瞬間になってしまったのだろう。
エギングに関してはBigな親イカが釣れ始める春まではオアズケする事になりそうである。



今月は月末の所用の準備のためにオフショアに出る事ができそうにありません。
次回オフショア釣行が未定のため、ブログ更新も滞ると思われますのでご了承下さい。




 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
tag :

近場エリアのアオリ調査 (5/14)

2011-05-14
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。


5/14・・・(土)


先週は連日のオフショア釣行だった為、私の身体はお疲れ気味・・・
この状態でオフショアに出ても集中力を持続する事は難しそうである。
それでも休日の目覚めは異常に早く、この日も3時にはベットを這い出してしまった。

そうなるとどこでも良いので海が見たくなり、近場の漁港へアオリ調査へ出かける。

向かった先は橘湾の奥に位置するとある漁港。
近場と言う事もあり、自宅を出発して30分後にはファーストキャストが可能なのだ。

この海域は毎年ゴールデンウィーク前後から良型のアオリが回って来るので多少の期待は持てるのだが、
それと比例して多くのエギンガーさん達が足繁く通う事になる。
私は混雑する日中の釣りは避けたいので夜明け前後の数時間だけに限定しての釣行とした。


そして周囲は真っ暗な中で本日のファーストキャスト!

最初は短めのカウントダウンで水面下2M位をトレースするイメージでシャクる。
すると直ぐにモサ~ッっとした違和感がロッドに伝わる。
すかさずアワセを入れると確かに何かが引っ掛かった感触がある。
しかしこれと言った生命感は伝わって来ない...

リールは容赦ないゴリ巻きで、上がって来たのはこんなイカです。
IMGP2152a_convert_20110514115401.jpg
(正式な分類は出来ないですが小さいツツイカ・・・)


その後は表層を狙い...

次に中層を狙い...

仕上げにボトム狙い...

このローテーションで少しづつポイントを移動してみるものの
反応があるのは1stキャストと同様の表層トレース時のツツイカのみ。

これの繰返しでツツイカにもてあそばれているうちに日が昇り始めます。
IMGP2158a_convert_20110514115601.jpg
(夜明けの海はやっぱり癒されます。)

ちょうどこの頃、隣のエギンガーさんにキロUpのアオリがHit!

羨ましいなぁ~とぼんやりしていると、私のロッドをクッっと引き込むようなアタリ!
慌ててアワセたものでフッキングに失敗...
無残にもにゲソだけがクネクネと動きながら付いて来ました。

それでもアオリが居る事を信じてキャストを繰返すと、コンッ!と軽いアタリ。
今度は丁寧にアワセたんですが、生命反応は全く感じられず...
エギの先にはダメだしをするかの様に極小のツツイカが付いて来ました。
IMGP2156a_convert_20110514115512.jpg
(この小ささは自己新記録です)


結局、私にはアオリが来る事はなくことごとくチビなツツイカにもてあそばれただけ。

それでもグッドサイズのアオリは確かに居ました。
この事が解っただけでも今日の成果はあったと思う。

諦めなければきっといつかは自分にも来るはず。
そう信じて次の休みにも行って見ようと思うのでした。


それにしても、いくら早朝の短時間勝負とはいえ 7:30には自宅で朝食を...
あまりにも引き際が早すぎるでしょうか・・・・・




***********************************************************************
 5/14現在
 Max Aori :1.3㌔
***********************************************************************




 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ


tag :

ストレスフリーのボートエギング (5/5)

2011-05-06
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。


5/5・・・(木)


前日の疲れが抜けきれないまま朝を迎える・・・
外の様子は小雨がパラパラと降っているのだが、天気予報ではあくまでも晴れのち曇り。
時間が経てば雨は止みそうなので予定通りにボートエギングに出発する事にした。

港に到着したのは8時・・・
気になる天気だが、私達の予想が的中し出港時刻に9時頃には雨はすっかり治まって晴れ間も見えて来た。
風も気持ちよい程度に吹いていてボートエギングにはうってつけのコンディションである。

そして最初に入ったポイントはこれまでの釣行でも実績十分のワンド。
このワンドは入口付近の水深が12M前後、中心部分は7M程。
海底は起伏が激しく海藻も群生しているのでアオリの産卵床としては最高の環境になっている。

そんなポイントの海藻脇にエギをトレースして来ると、ボトム付近でアオリが抱いて来た!
IMGP2136_convert_20110505205426.jpg
(エギは#4.0のパープル系)

先ずは幸先良くキロUpをキャッチする事が出来た。
そしてその直後にも同様のポイントをトレースして良型のアオリを追加。

最初のアオリの反応から今日の狙い目は岸寄りのシャローエリアを中心に攻める作戦に決定!

あらためてシャローエリアに目を向けると、そのポイントの多さに圧倒される。
もちろんどんなに美味しそうなポイントでも他のエギンガーさんに気を使う事は無く自由にキャストができる。
陸ッパリに有りがちな場所取りとは無縁な釣りが出来るのはボートエギングの最大の魅力なのだ。

そんな環境をボートで流しながら攻めた結果、キロUpが3杯、キロ未満が4杯の結果となる。
IMGP2138_convert_20110505205529.jpg
(友人と2人での釣果)


今回もボートを降ろしたのは『長崎サンセットマリーナ』
マリーナの営業時間の都合で出港は9時→17時には帰港する事になる。

この釣行パターンだと朝・夕ともにマズメ時を攻められない事になり少々残念ではあるが
マリーナの環境や緊急時の対応面で安心して出港できるため
最近のボートエギングでは頻繁に利用させて頂いている。

マズメ時を攻める事が出来れば釣果の方は更に延びる事になりそうではあるが
現状でも釣果的にも十分に満足できているので当面はこのプランで攻める事になりそうである。

残念ながら今回の釣行でも3キロUpには出逢えなかったのだが
周囲に遠慮する事も無く、ストレスとは無縁のエギングを満喫する事が出来た。



次回釣行は懲りずに鯛ラバ

前回のモヤモヤ感を吹き飛ばす様な気持ち良い釣りを展開したいのだが・・・
こればっかりは行ってみないと解らないです。




***********************************************************************
 5/5現在
 Max Aori :1.3㌔
***********************************************************************





 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ



tag :

プレジャーボートで春の親イカAttack! (4/17)

2011-04-17
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。


4/17・・・(日)

友人が操るプレジャーボートで長崎近郊のボートエギングを楽しんで来た。

今シーズンのボートエギングはこれが2回目。
前回はなかなか渋い状況で苦戦を強いられられたのだが、それはシーズン的に早過ぎたから・・・(2/20)
今回は完全に春のど真ん中と言う事もあり前回の様なシビアな状況にはならないだろう。
2人とも言葉には出さないが今日はリベンジ!そう信じてボートは長崎サンセットマリーナを出港した。

ボートエギングとなれば最近注目のメソッドはティップランエギング。
確かにDeepエリアの攻略や風でボートが流される状況では有効な方法ではある。
私自身もそういった状況になる事を想定してタックルの準備している。

しかし季節は春!

私の理想としては可能な限りキャスティングでアプローチして親イカを引き出したい。
そしてタックルはオフショアらしくベイトタックルで挑みたい。
なぜなら・・・アタリを捉えてからランディングまでの一連の動作が純粋に面白いからである。

こんな事を自分の中で考えているうちに最初のポイントに到着。


天候、風、潮の動きはこれまでにない程のグッドコンディション。
シャローにはベイトのイワシも大量に群れていて期待は高まる。

しかし・・・

午前中はアタリは皆無でアオリの反応は感じられない。


状況が変わって来たのはお昼になる頃。

これまで浅場から深場まで色々と探った結果、水深10Mほどのエリアでアオリがエギ興味を示し始めた。
この時間帯で3杯のアオリをキャッチ・・・サイズはキロUpがMaxで300g程のサイズも混ざる。

IMGP2093_convert_20110417215600.jpg
(アオリ 1.2㌔ エギは前回の当りカラーだったブルーを使用)


先ずはアオリをキャッチ出来たので、ここからはベイトタックルに持ち替える。
このタックルは去年からやっているのだが、残念ながら未だにアオリはノーヒット。
バックラッシュを心配しながらもキャスティングを繰り返す。

そしてようやくアオリのアタリ!
アオリ特有の生命感をしばし楽しみながら無事にランディング。
IMGP2094_convert_20110417215641.jpg
(このタックルでのエギングも想像通りに楽しかった)

サイズは小さいのだが念願のベイトタックルでのヒットだけに物凄く嬉しい。
IMGP2095_convert_20110417215715.jpg
(サイズはさておき嬉しい一杯!)

その後も10M前後のエリアを丁寧に探りを入れながら広範囲を攻める。
そしてまたしてもベイトタックルで探っていると気持ち良い位にラインが入る。

合わせ直後のジェット噴射から今日イチを予感させる力強さ・・・
スピニングタックルとは一味違うファイトがとても面白い。
そして上がって来たのは1.3キロの♂アオリだった。
IMGP2096_convert_20110417215757.jpg
(今日イチのナイスなアオリ)


こんな感じで今日は水深10M前後のエリアがアオリの着き場になっているようだった。

ボートエギングでは360度の全てがポイントとなりえるのだが、
その日の状況によって高活性になるエリアに偏りがある。
そのエリアをより早く特定するのが重要であり難しいのだが、それがボートエギングの面白さでもある。


そして本日の釣果・・・

IMGP2099_convert_20110417215853.jpg

今回のボートエギングではMax Aoriが1.3キロ。 数も7杯と納得の結果となった。
今期アオリ目標の3㌔UPには届かなかったのだが、オフショアの楽しい一日を満喫する事が出来た。
アオリ目標はあくまでも3㌔UP! Mission Completeするまで追い掛け続けるつもりだ。







***********************************************************************
 4/17現在
 Max Aori :1.3㌔
***********************************************************************




 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ









tag :

単独・・・Run&Gunエギング (4/9)

2011-04-10
  ブログランキングに参加中です。
   にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
  一日一回のワンクリックをご協力下さい。



4/9・・・(土)


オフショアの予定は入れてないのだが休日の習慣のため2:00に目が覚めた。
そうなるとどこかで楽しい釣りをしたくなるもので急遽エギングに出発。

真っ暗い時間帯に出発し、向かった先は野母崎半島
今年は一度だけ訪れたのだが、その日は強風と時化で釣りにならなかった。

時間帯が早いだけに渋滞もなく、目指すポイントに到着したのは3:30。
夜明け前で周囲は真っ暗なのだが、仕度を済ませて釣りを開始。

最初に訪れたのは漁港の堤防。
小さめのテトラポットが積まれている場所だが、水深の変化や藻場が隣接していて
春の産卵を意識した釣りにはピッタリの場所となる。

ポイントの水深は5M程で所々に藻のシモリが点在する。
4.0号のエギをキャストし少し大きめにゆっくりとしたシャクリを入れ、
ラインにテンションを掛けたままフォールさせる。
こんな釣り方で30分程様子を見るがアオリのチェイスは感じ取れない。


ヤル気の有るアオリが居れば一発で反応するハズなのだがこれだけ探っても無反応。
辺りは真っ暗な夜のままだが、テトラには早々に見切りを付けて漁港に隣接する地磯に移動。

この地磯は港の堤防とテトラが組まれた沖堤防の間を正面に見る事になり潮通しは良好。
左側は外海で右側が漁港となっていてアオリが漁港に近付くには必ず通過するハズだ。

そして地磯ポイントでの一投目。
フォール中にラインがクッっと引き込まれあっさりと釣れてしまった。
最初のアオリは300g程の小さいサイズだがポイントの見極めは正しかった様だ。

そして東側の山陵がうっすらと明るくなって来た頃。
水深が2M~3Mのシャローエリアにエギを通してみると、エギの後方にアオリらしき物体を確認。
エギを大きく動かさず、ロッドワークでゆっくりを水平移動させて上げると
後方で様子を伺っていたアオリが一気に襲いかかって来た。

久し振りにアオリ独特のやり取りを楽しんで無事にランディング。
期待した程のサイズでは無かったが今季のアオリとしては記録更新に成功。

IMGP2085_convert_20110409211941.jpg
(自宅で検量したところ950gだった)

残念ながらアオリのサイズは950g。
せっかくならキロUpと言いたかったのだが、僅かに届かない。
今季の目標としている3キロUpには程遠いのだった。

IMGP2086_convert_20110409212041.jpg
(シャローエリアではサイトフィッシングも可能なので状況しだいでは楽しい)


その後はポイントに見切りをつけて色々な漁港をランガン。
場所によっては夥しい数のベイトがついていて期待は高まるのだが肝心なアオリの反応は無い。

数か所を転戦して潮目横のヨレ目を探ってみると、ようやくアオリのアタリ。
掛けた瞬間に小さい!と解るサイズなのだが、今日の状況では貴重な一杯。

無理せずに引き寄せて無事にランディング。
掛けた時には小さいと感じていたのだが、上げてみると500g。
お土産に持ち帰るにはちょうど良いサイズだった。

IMGP2088_convert_20110409212131.jpg
(500g ♂のアオリ)


その後も数か所のポイントをRun&Gunしてみたのだが反応は感じられない。

早朝からのRub&Gunで集中力も途切れ気味。
すっかりと陽も昇り、周囲ではファミリーフィッシングの方達も増えて来たので
私の釣りは早目に切り上げる事にした。


結果3:30に開始して9:30までの6時間。
久しぶりのショアRun&GUnを楽しめたし、アオリも3杯出てくれた。

3キロUpに向けたサイズアップは次回に持ち越しとなるが、十分に満足な釣行だった。



次週は友人が操るプレジャーボートでの出撃を予定している。
ショアの釣りとは大きく趣きが異なるが、春らしい一日を満喫したいと思う。



 ワンクリックがお済みでなければご協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ




tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。